2015 1212345678910111213141516171819202122232425262728292016 03

そしてまたゲーム三昧

ストVが発売されて21日の日曜まではずっとやっていたのですが3日で素人がいなくなって格ゲーマーしかいなくて20回に1回ぐらいしか勝てずクソゲが!と放置し先週はまたモンハンクロスずっとやってたのですがストV今日やったら初心者しかいなくなっとる…ポイントでブロンズ・シルバー・ゴールドに階級が変わっていくのですが同レベルでしか当たらないので先週ブロンズにいた格ゲーマーの皆さんは上に行ってしまったらしく当たらなかったですね、お陰で10連勝とか出来てしまったわ…
動画とか見て取り敢えずこういうパターンで攻めていけばなんとかなるって感じで戦ってる人が多かったかなー、ただ経験が浅いのでめくりになるJP攻撃や背後に回るワープには対応できないみたい(^^;

というかみんなガン待ちでこっちがこけたら仕掛けるという感じだから勝てないんだよなー、めくりから色々振ってくるとかもっとアグレッシヴにならないと勝機はナイデスヨ…

取り敢えず使用キャラは安定して使えるナッシュ・ベガ・かりんで決まりかな本当はかりん猛烈使いたいけど立ち回りとコンボがムズイ…どうしても楽なベガに頼ってしまいますね。


モンハンの方はガンナーも一通り使って村も全部クリアーしたし、そろそろやることもそれほどという感じ。
クリアーしてない集会所のクエも多々あるのですが、面倒なのばかり(^^;

アカムとウカムがやり易いので通信プレイで練習したい時はもっぱらこの2匹でやってますね、アマツとアルバももっと狩らないとなのですがこの2匹は4人でも面倒…特にアルバは時間かかるし。
取り敢えず安定のガンランスと黒炎王装備のギルド操虫棍が使いやすいですかねー、エリアル操虫棍も面白いのですが咄嗟に避けるのが難しいのが難点…
ガンナーはライトボーガンでひたすら貫通弾撃ってる感じです、驚嘆ナル弩星グラーグ ・金華朧銀の対弩辺りがいいですかね?

オンラインだとゆうたってレベルじゃねぇぞってやつも多くて1落ち→リタイア→即抜けというクソプレイヤー多し、そういうアホはゲームすんな!ヽ(`Д´)ノ
ベースキャンプ篭もりもたまに見かけますねモドリ玉か落ち無いと戻れないステージで篭ってるとか特にクソ、そういう輩は剥ぎ取りに来たとき全力で阻止しますけどねwキック連発&ガンランスなら砲撃吹き飛ばしで、絶対削ぎとらせねぇ。

あとスキル全く付けないやつとか明らかにまだ早いってやつとか(防具揃えてないので食らったら即死)池沼が多くて困るわ…
その反対で効率房のプロハン様がそこまで問題ない組み合わせにいちゃもん付けて来たり、文句があるなら野良しないで仲間内だけでやってろよって感じです。

逆に同レベルの200位で揃うとみんな慣れているせいかスムーズに枯れますね、特に問題なく気持ちよく行けますヽ(*´∀`)ノ

私的には立ち回りが酷くなければネタも有りな考えなのです、ガチとか面白みがね…

WF2016W行ってきましたー

ワンフェス2016冬行ってきましたー、電車で行くのは面倒なので(特に京葉線のホームまで行くのがねw)事前に臨時バスを予約して楽チン移動なのです♪
ツイッターで書いた通り予定より早くつく、開場30分前なのでコミケに比べたら全然だけど特に凄い欲しい物がある訳でもないので5分前くらいまで暖かいエントランスで過ごし並ぶ。
まあ長蛇の列ができているので入れたのは開場30分後なのですが(苦笑)

そしていつもながらオビツさんに即凸、エフェクト、ドールアイ、限定刀とか購入。あと黒いキューピーとかネタでついつい買ってしまう(^^;
その後は周りのドール系ディーラーさんを見て回り、企業→戻って一般ディーラーさんという感じですかね。

大体見て回ったら駅前のショッピングモールのレストラン街で食事、ガストとサイゼリアというデカンタワインが格安で飲める店が二つ入っているのが良いです。今回はガストの方が空いていたのでそちらに、もちろんデカンタワインも頼むwやっぱり酔いすぎないけど飲み足りなくもない量で500mlってちょうど良いのですよねー。

食べて戻ったらバスの時間の30分前でしたが行きが混んでいたのでこっちも混むだろうなーと思ったので早めに、予想通り満席に近い状態でした(^^;

今回はドール系のみでフィギュアは全く買ってなかったり、公式のワンダちゃんのもどうしようか迷ったのですが資金がギリギリだったのと思ったより小さかったので今回はスルー。
ページ最上部へ

プロフィール

神威 天馬

Author:神威 天馬
ドールと美少女(2次元)を愛する
ちょこっとイラストが描けたり
武道全部で10段持ってたり
する程度の能力の管理人が書くブログです。
Twitter
mixi
pixiv